So-net無料ブログ作成

ヤツガタケトウヒ [木本P]

ヤツガタケトウヒ (Picea koyamae) は本州の八ヶ岳山麓の一部谷沿いに生育する稀産種で日本の最終氷期の遺存植物と言われている。西岳国有林の群生地に訪ねたが、見渡してもそれほど多いわけではない。球果は4~8センチ。

bヤツガタケトウヒ1.jpgbヤツガタケトウヒ2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

葉っぱの断面は菱形。

多くの図鑑には、ヤツガタケトウヒとヒメマツハダが別種として取り扱われていますが、森林総合研究所勝木氏による八ヶ岳における数年間の調査で、球果の形態の違いが同一種の年較差であることが判明し、すべての個体がヤツガタケトウヒとなりました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。